このページは日本拳法会の公式HPです
NIPPONKEMPO
   





























































































 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 




























脚部サポーター 試験使用報告

(大会名) 第16回春季大阪府民体育大会
(日時)  平成21年5月3日(日)
(場所)  大阪市中央体育館サブアリーナ

内容:
開発部では蹴り技による競技者双方の危害予防に必要なものとして、日本拳法専用の脚部サポーターの試作を重ねてまいり、ほぼ良好と思われるサポーター試作品が完成しました。
この度の大会において実戦試験使用のうえ、安全性・機能性などを検証するとともに、競技者・指導者から広く意見を聴取して今後の展開に活用しようと実施いたしました。
「腰より低い位置にある相手の面を蹴ることを禁止する」などの危害予防を考慮した限定的な競技規則が適用されました。

検証:
主催者の用意した脚部サポーターを成人男子・有段に限定し希望者にのみ貸し出しました。
予想通り、サポーター着装者の積極的に蹴り技を出す場面が普段の試合よりも多く見受けられました。
使用後の競技者からは肯定的・高評価の意見が、アンケートからも購入・着装を希望する意見が聞かれました。
今回の意見を元に形状にも微調整を加えて、更なる実戦試用を経て正式着装となるよう推進いたします。

(意見抜粋)
・普段の稽古ではサポーターをつけて蹴りを出しているが、今まで試合では出せなかった。
 今回サポーターの許可で蹴りを安心して出せた。(大学生・男子/上位入賞)
・足の甲に完治しないケガを持っており、このようなサポーターが無いと蹴り技を出せないので、次回からも着用を
 認めて欲しい。(大学生・男子)
・つけていることに違和感と少し重く感じるので改良してほしい。(成人・男子)
・揚げ蹴りを受けた腕が痛くてアザになるので、蹴る人にはサポーターを義務づけてほしい。 (大学生・女子)
・面や胴は硬くて足の甲を痛めるからサポーターをつけたい。(高校生・男子)
・まずケガをせずに練習が出来て、試合でも安全に技が出せる状態が望ましいので、このような補助の防具はぜひ
 導入いただきたい。(高校教諭)

開会式


限定的な競技規則の説明 (高 審判団長補佐)


脚部サポーター 株式会社ミズノ製


柔軟なスポンジ素材で、足指・甲・スネをカバーする形状。


着装状況


サポーター着装の表足による面横蹴り一本(成人有段・準々決勝)


(成人有段・3位決定戦)


(成人有段・決勝)

問い合わせ
開発部 川端まで