ごあいさつ


 陽春の候、皆様ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
また、平素は斯道発展の為、格別のご尽力を賜り深く感謝申し上げます。

 新年度が始まりましたが、一部役員が道理を弁えない行動を起こした為に、会務が混乱する事態が生じ、修法者の皆様方にはご迷惑とご心配をお掛けしています事に心よりお詫び申し上げる次第です。
 今後、役員人事の一部を変更することで、競技者の皆さんには影響が及ぶことのないよう公益法人法と定款に則った運営をして行きますので、ご安心下さい。 

 以前より言っていますように、日本拳法会人事に関係なく職域・地域の競技連盟は独自に大会を開催する事が、日本拳法会は昇段級審査会を行う事が競技者に対して我々に課せられた最大の使命であると考えています。
 審判団は試合の判定をし、審議会は昇段級審査結果を認定しますが、これらも 通常通りに粛々と実行して参ります。
 また、審議会や審判団は全国連盟や競技連盟と横の繋がりを持った組織でありその関係性を無視した人事を簡単にできる組織では有りません。

 新型コロナウィルスの蔓延により会員の皆様やその関係者の中にもその影響を少なからず受け、苦しい日常を過ごされておられる方もいると思われます。 衷心よりお見舞いと一刻も早い回復をお祈り致します。

 特に関西地域では感染力が強く重症化のリスクも高いと言われる、変異ウイルスの蔓延で感染者の人数が急激に多くなっており終息の兆しが見えてきません。
  行事日程表をホームページに掲載していますが、今年も各種大会や昇段級審査会が中止や延期になる事が予測されます。 主催者が中止等を決定し、方針決定の連絡が入りましたら直ちに更新していきますので常にホームページでチェックをして下さい。

一連の事態が収束し、1日も早く、皆が一体となって日本拳法の発展拡大の為に前に進める事を願ってやみません。

令和3年4月1日 

        

公益財団法人日本拳法会 代表理事会長 茂野直久